注目の記事 PICK UP!

ライフプランニング

今日は老後についてのお話をしたいと思います。

私の働いている塾はとても離職率が高い。

だから、退職金前払いということを行っている。

これにより、手取りは多く感じてしまが、実際退職した後に貯蓄をしていないと路頭に迷うことになってします。

私自信、浪費や消費によって貯金がほとんどない状態だ。

そこで、1から勉強してみることにした。

もちろん一人の力では難しかったので、セミナーに参加したり、本を読んだりして知識をつけた。

 

そして、まずわかったことは、まず国のシナリオを知らなければならないことだ。

平成28年12月、「年金カット法」法案が成立した。

私も勉強するまではわからなかったのだが、名前を聞いてやばそうな感じはしていた。

具体的には、この5つの項目だそうだ。

1.短時間労働者への被用者保険の適用拡大の促進
2.国民年金第1号被保険者の産前産後期間の保険料の免除
3.年金額の改定ルールの見直し
4.年金積立金管理運用独立行政法人の組織等の見直し
5.日本年金機構の国庫納付規定の整備

 

ダメだ、さっぱりわからない(笑)

調べた結果、一番やばいのは「マクロ経済スライド方式が廃止された」とうことだ。

簡単に言うと、今までは、物価や賃金に合わせて年金の支給額を変えてきたが、これからは一定になるということだ。

だから将来物価が上がるともらえる年金支給額が同じであっても、結果として、支給額が減ってしまったのと同じなわけだ。

国の方針は、デフレからインフレへ、つまり今後物価はさらに上がっていく。

結果として、今の年金に対して4割カットされてしまうといわれている。

 

当然だが、こんなことをしたら、将来生活できない人が多発してしまう。

これに対する政府の対策は、75歳まで働けるように定年を伸ばすことだ。

つまり、このまま何もしないでいると、国のシナリオ通り、75歳まで働き続ける生活が待っていることになる。

 

 

これに対して、私たちが取れる対策は何だろうか。

1つ目は、あきらめること。

なるようになる。今を楽しむ。

 

 

2つ目は、貯金をためておくこと。

毎月、貯金をし、老後の為に備える。しかしある計算によると年間100万以上近く貯めないといけないらしい。

毎月8万ぐらい貯金に回すことになる。

今の私の給料ではぶっちゃけ厳しい(-_-;)

 

3つ目は、老後も使えるキャッシュポイントをつくること

ビジネスをして、今の仕事以外に収入源を作っておくことだ。

仮に定年を迎えたとしても、毎月、毎年年金以外にお金が入ってくれば、生活に苦しむことはなくなる。

 

私は、3つ目を選んだ。

今あるお金を使って、まずはビジネスの勉強をし、スキルを鍛えることで将来自分でお金を作れるように勉強する。

FXやバイナリーもその1つだ。

今は少しずつだが、ぼやけていた未来がはっきりと形を表してきた感じがする。

もし、あなたが年金のことや将来の事をるのであれば、すぐに行動をすることをお勧めする。

何もしないでいると、政府のシナリオ通り、75歳まで働き続けることになるだろう。

もう迷っている時間はないのかもしれない。

関連記事

  1. 期日を決める。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP