注目の記事 PICK UP!

数字の見方

子供たちは、テストが終わると、振り返りを行う。

しかし、この振り返るが上手な子と苦手な子だいる。

その原因はバイアスにあると思う。

人の考えや感情は、常に自分で作ったフィルターを通じて発生する。

これをバイアスという。

バイアスを取り除くことは難しい。というか無理だと思う。

大切なのはそれを知ったうえで冷静に見ることだ。

ただ、どうしても自分のこととなると、その判断ができなくなる。

特に受験生はこの傾向が多い。

 

例えば、定期テストの結果。

あなたの得点が85点だったとしよう。

85点はあなたにとって良い点数ですか?

 

いつも100点取っている子にとってみては、低いと感じるだろうし、

毎回50点ぐらいをとっている子にとっては高いと感じる。

 

他の見方もある。

例えば平均点が90点だったら?平均点が30点だったら?

 

環境や状況によって数字の価値は大きく変わるのだ。

大事なのは何を基準にするかだ。簡単に言うと何と比べて考えるかということ。

バイアスとは無意識のうちに何かと比べてしまうこと。

満点と比べて、過去の自分と比べて、平均点と比べて、友達と比べて….

比べる対象によってその価値は大きく変わる。

そのギャップに苦しんで、自分を過小評価してしまう。

だから、常にポディティブな見方とネガティブな見方をもって振り返る。

昼と夜があるように、結果には表と裏がある。

どちらもきちんと受け入れて、次のテストに向けてのアクションにつなげてほしい。

関連記事

  1. 酸化と還元

  2. 2019 5月8日

  3. 2019年 5月4日 年上の女性①

  4. 2019 4月28日 幼馴染

  5. 授業とバイナリー

  6. 2019年 4月29日 母

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP