注目の記事 PICK UP!

酸化と還元

【還元のポイント】

○ 還元とは何かを答えられる。

○ 還元は酸化と同時に起きるということを説明できる。

 

【復習】

① 銅を空気中で加熱したときの化学変化を表す化学反応式を書いてみよう。

2Cu+O2→2CuO

② このとき銅に起きた化学変化を何だろう。

酸化

③ 酸化によってできた物質を何だろう。

酸化物

【実験1】

酸化銅と炭(活性炭)の混合物を加熱する。

ゴム管についているのはピンチコック(目玉クリップ)。

ガラス管の先は石灰水が入っているね。

① 今回発生する気体は何だろう。

二酸化炭素⇒石灰水でわかるね。

② 今回の化学反応式を考えてみよう。(係数は無視していいよ)

CuO + C  →  ? +  CO2   

?はなんだろう。

Cu そうなんだ。酸素が移動したんだ。

② では、CからCOになる反応をなんというかな。

酸化

さて、ここで、CuOからCuになる反応が今日のテーマだ!

 

酸化物から酸素を取り除く反応還元という

そして、還元は酸化と同時に起きるよ!

じゃあなんでこんな反応が起こるのか考えてみよう。

【発展内容】

今回の実験結果を考えてみよう!

2CuO + C  →  2Cu +  CO

イメージしてみて!酸素は、女性だ。

酸素は今銅と付き合っている。それが酸化銅だ。

さて、今目の前に、炭素が現れた。

① 酸素は、炭素と銅どっちが好きなのかな?

 

そう炭素

だから、銅と分かれて炭素と付き合ったんだね。

酸素は好き嫌いが激しいんだ。

 

② 次の化学反応式を完成させてみよう。

ただし、酸素と相性がいいのは、Cu<H

CuO +  H  → ?

 

CuO + H     →   Cu + H

すごくない?

原理を知っておくと結果が予測で着ちゃう!

【実験の注意点】

① 実験終了時,火を止める前にガラス管を石灰水から引き抜く必要があるが,

これはなぜか。

石灰水が逆流して、試験管の加熱部にかかり試験管が割れるのを防ぐため。

② 実験終了後,火を止めた後すぐにゴム管をピンチコックで止める必要があるが,

これはなぜか。

空気が試験管に入り、還元された銅が再び酸化してしまうのを防ぐため。

【まとめ】

還元の原理は恋愛と一緒だ。

関連記事

  1. 2019年 5月4日 年上の女性①

  2. 2019 5月8日

  3. 数字の見方

  4. 2019 4月28日 幼馴染

  5. 2019年 4月29日 母

  6. 授業とバイナリー

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP