注目の記事 PICK UP!

中2化学【定比例の法則】

【定比例の法則のポイント】

  • 銅:酸素:酸化銅=4:1:5を覚えている。
  • マグネシウム:酸素:酸化マグネシウム=3:2:5を覚えている。
  • 上記をもとに比の式を作り,求めたい質量を求められる。
  • 不完全燃焼の問題に関する解法を理解している

【実験1】

三角架の上に皿を置いて、銅を酸化させる。

① 銅の酸化の化学反応式を書いてみよう。

2cu+O2  → 2Cuo

② なんでステンレスの皿を使うんだろう。

酸化しにくいから。家庭用品でよく使われているね。

ステン(汚れない)レス(ない)。

 

③ 表をもとにして、グラフを完成させよう。

書くときは、通る点をぐりぐりすること!

 

④ 加熱前より加熱後のほうの質量が大きいのはなぜだろう。

酸素が結びついたから。

 

⑤ 銅・酸素・酸化銅の質量には,どんな関係があるといえるかな。

比例 ⇒ 定比例の法則

 

⑥ 銅:酸素:酸化銅の質量比を最も簡単な比で答えなさい。

4:1:5(よいこって覚えよう)

 

練習問題

 

① 銅4.4gを完全に反応させたとき,何gの酸素が結びつくか。

1.1g

② 銅10gを完全に反応させたとき,何gの酸素が結びつくか。

2.5g

③ 酸素7gと完全に反応できる銅の質量はいくつか。

28g

④ 酸素2.6gと完全に反応できる銅の質量はいくつか。

10.4g

⑤ 銅1.6gを完全に反応させると,何gの酸化銅が出来るか。

2.0g

⑥ 銅6.8gを完全に反応させると,何gの酸化銅が出来るか。

8.5g

⑦ ある質量の銅を完全に酸化させたら,酸化銅が100gできた。このとき,もともとあった銅の質量と反応した酸素の質量は,それぞれいくつか。

銅80g   酸素 20g

⑧ あるる質量の銅を完全に酸化させたら,酸化銅が32.5gできた。このとき,もともとあった銅の質量と反応した酸素の質量は,それぞれいくつか。

銅26g 酸素6.5g

【実験2】

これは,マグネシウムを空気中で加熱してみました。。

① 今回の実験における化学変化を,化学反応式で表しなさい。

2Mg + O2  → 2Mgo

② この実験では金網がかけてある。何でだろう。

マグネシウムの酸化は,銅よりも反応が激しいので、物質が飛び散るのを防ぐため。

 

③ マグネシウムと酸素が反応して酸化マグネシウムが出来るとき,完全に反応した場合は,マグネシウム:酸素:酸化マグネシウムの質量比が何:何:何になるといえるか。最も簡単な比で答えなさい。

3:2:5(みつご)

【練習問題】

① マグネシウム2.1gを完全に反応させたとき,何gの酸素が結びつくか。

1.4g

② マグネシウム4.5gを完全に反応させたとき,何gの酸素が結びつくか。

また何gの酸化マグネシウムが出来るか。

3.0g     7.5g

③ 酸素2.2gと完全に反応できるマグネシウムの質量はいくつか。

3.3g

④ ある質量のマグネシウムを完全に酸化させたら,酸化マグネシウムが15gできた。このとき,もともとあったマグネシウムの質量と反応した酸素の質量は,それぞれいくつか。

9g   6g

  • 【応用問題】~不完全燃焼~

① 銅3.2gを用意して,空気中で加熱したら,3.7gになったとする。このとき結果としてできた酸化銅は何gか求めなさい。

2.5g

【解説】

まず違和感を感じたかな?もし完全燃焼していれば反応後は4.0gになっているはず。完全に反応していないと比例式を立てられない。

じゃあどうする?

完全に反応している物質がある。それはなんだい?

そう酸素だ!

だから酸素で比例式を立てればいい。

 

② マグネシウム5gを加熱したら6gになった。

1) このとき,反応したマグネシウムの量はいくつか。

1.5g

2) このとき、反応していないマグネシウムの量はいくつか。

3.5g

3) このとき、結果として出来た酸化マグネシウムの量はいくつか。

2.5g

③ 銅35.2gを加熱したら41.5gになった。

1) 今回の問題において,反応した銅の量はいくつか。

25.2g

2) 今回の問題において,反応していない銅の量はいくつか。

10g

3) 今回の問題において,結果として出来た酸化銅の量はいくつか。

31.5g

【まとめ】

不完全燃焼の問題では,

    必ず,酸素の量から求めること!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP